コーチング

コーチングの意味を教えます【今さら知らないとは言えない】

 

 

トーマス
トーマス

コーチングの意味が知りたい。いま、コーチングを始めようよ考えているが本質的な意味を知って、コーチングを理解したい。

 

こんなお悩みをご解決します。

 

 

本記事の内容

  • コーチングの本質的な意味とは?
  • コーチングのメリット
  • コーチングデメリット

 

この記事で紹介する『コーチングの意味』を理解して、備えておくと実際にコーチングを始めるときに失敗しません。

なぜなら、僕が実際にコーチングを始めるにあたって何度も調べ尽くして得た情報です。

 

記事を読み終えると、コーチングの本質を理解してコーチング業界に参加する前に悩むことは一切なく、成功へ導くことができます。

それではいきましょう。

 

コーチングの本質的な意味とは?

ここではコーチングの本質的な意味の説明とコーチングの歴史を簡単にご説明したいと思います。

 

コーチングの本質①(コトバの意味・歴史)

そもそもコーチングの「コーチCoach)」という言葉が登場したのは1500年代。その時から使われ続けています。その語源は「馬車」です。多くの人が知っているコーチというアメリカのブランドも馬車のロゴを使用していますよね。

馬車は今で言うタクシーみたいなもので、それに乗る「大切な人を確実に目的地まで送り届けること」です。途中で遠回りや止まったりしません。そのように馬車から語源が来ているようです。その後意味が転じて、「人の目標達成をサポート」するという意味で使われるようになりました。コーチは教育やスポーツなどさまざまな分野で、個人や組織の目標達成をサポートする存在として認識されるようになっていきました。

【1840年代】学生の受験指導をする個人教師のことを「コーチ」と呼ぶようになります。(英国オックスフォード大学)

【1880年代】スポーツの分野で使われるようになったのは、ボート競技の指導者が「コーチ」と呼ばれていました。

【1980年代】マネジメントの分野ではコーチングに関する出版物が数多く登場し始めました。

日本ではコーチングスキルの普及が始まったのは1997 年。コーチ・エィが、日本初のコーチ養成機関として、コーチングを体系的かつ体験的に学ぶ「コーチ・トレーニング・プ ログラム(CTP)」の提供を始めました。

現在では、多くの企業・組織が、人材開発、リーダー育成、風土改革のためにコーチングを導入しています。

コーチングは今、「個人が学ぶスキル」から、「組織変革の手段」へと多くの企業や組織、からその活用の場が広がっています。

また、スタートアップの若者や自己実現を目指す人にもコーチングの需要は高まっているようです。

 

コーチングの本質②(コーチになりたい人)

コーチングの資格は大前提に国家資格ではありません。だから法律に基づいた国家資格ではないので、国がその地位を保証するものではありません。そして、公的機関、意外の民間のコーチング指導機関や団体が認定し、発行しているものです。だから「資格」ではなく「認定」を受けることになります。つまり、認定制度なのです。コーチングもこの認定制度に該当します。

そして指導機関や団体によって違うこと、がたくさんあるのであなたの目指す方向性に近い指導機関を決める必要があります。

発行する機関や団体によって違うこと4つ

  • 内容や認定基準
  • 教育理念
  • 目的
  • 将来目指したい方向

先ほどもお話しとおり、国家資格ではないので、国がその地位を保証するものではありません。だから経験さえ積めばコーチとして活躍しようと思えばできます。しかしながら、実績のない最初は、トレーニングを受けて職業してプロで活躍する方が、集客もしやすいですし、伯がついた「プロコーチ」から学びたいと思うので心情です。だから認定を受けてから活動するのがベストです。

各機関や団体の認定資格を得るには、必ず一定期間のトレーニング試験に合格することを義務づけているところが多、十分なトレーニングを受けたという証明にはなります。

大事なのはあなたが何を目指しているのか?ということ、そして「誰から学ぶかと」いうことがとても重要になります。是非、自分にあった機関や団体を見つけて下さい。

 

コーチングの本質③(コーチを受けたい人)

コーチングの実際(どんなことするの?)

基本的にはセッション(対話形式)です。1対1で行う対話です。

目標を決めて、コーチと一緒にそこに向かって歩んで行くイメージです。最終的にはあなたに「安心感」を与え、「自分を見つめ直し」「自分ならできる」と言う感覚を取り戻すことができます。

コーチングの実際(場所は?)

コーチにもよりますが以下の場所が多いようです。

  • 自宅
  • カフェ、ラウンジ
  • セッションルーム

SkypeのZoomやLINE電話を使用する人もいます。

 

【60分】が基本のようですが、中には1セッション【45分】で設定しているところもあります。

 

そしてセッションは一回だけではなく、定期的に受けるのがベストです。

 

コーチングを受けるメリット

それはまさに、自分に【安心感】を取り戻すことができる点です。

定期的にセッションを受けることで強制的に「自分を見つめ直す」時間を設けられることで自分を客観的に見ることができて、自分の目標とするビジョンに向かって行くことが実感できます。

この「自分を見つめ直す」と言う作業は一人ではかなり困難です。だからコーチと一緒にセッションすることで実現されます。

コーチングを受けるデメリット

殆ど、デメリットは感じませんが一つあるとするならば

「コーチに依存してしまう」ということです。

あまりにも、コーチとのセッションが居心地が良すぎて、「安心感」を与えられるので

依存してしまうことが稀にあります。

最終的にはコーチを受けた人は「自立」を目指していますので「依存体質」の方はご注意して下さい。

 

 

 

 

無料プレゼントがもらえます。(コンテンツビジネス初心者セミナー動画)



ここまで読んでくれたあなたに 特別に無料プレゼントをご用意しました。

メルマガ登録した方限定で

・「コンテンツビジネス基本動画セミナー」

・「僕が初収益までにしたノウハウ動画セミナー」

  この2本を無料でプレゼントしています。

ネットビジネスこれからはじめるぞ!! という方は受け取って下さいね。

→無料プレゼントを受け取りたい方はコチラ

メルマガでは、
・ブログでは伝えれないコンテンツビジネスのこと

・忙しい社会人がネットに自分の分身を作る具体的な方法

・コンテンツビジネス(仕組み化)の大切な考え方

・個人がネットビジネスを始めるのに必要なこと

・家族持ちのパパでも簡単にネットビジネスができる方法


こんなことを発信しています。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  完全無料で学べます。マジで有料級です。。 気軽に登録してみて下さいね。
=================

-コーチング

Copyright© 時給で働く会社員より暇な社長に憧れて40代会社員が起業した物語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.