コピーライティング 生き方

ダウンタウンの松ちゃんが号泣した話

こんにちは、トーマスです。

 

今日はダウンタウンの松ちゃんがラジオで号泣した話をします。

あの松ちゃんが何で泣くの?

そう思う人も多いと思いますが、
確かに泣いていました。

 

何で泣いていたかというと、

 

何もできない自分が悔しかった
ただただ悔しかった‥



そう感じました。

 

広島、長崎に投下された原爆の話

第二次世界大戦で
広島に原爆が落とされました。


その原爆を積んだ
戦闘機が「エノラゲイ」って
名前らしいんですが、

 

当時その原爆の研究を
していたアメリカ人は
原爆が投下された日にその
エノラゲイに実際に乗って、


いたそうです。

 

なんで、
乗っていたかというと、
原爆投下した後、
爆発で大きなキノコ雲ができますよね?

 

あれを戦闘機から撮影するためです。

 

そのアメリカ人(以下Aさん)と呼びます。

 

そのAさんが何十年かぶりに
広島にきたそうです。
広島で行われる

 

「平和記念式典」に。

 

その時のことに関して、
取材にきた記者から
質問がくるわけです。

 

記者「当時のことをどう思いますか?」

Aさん
「大変だったねー。大変だったねー」

この言葉を繰り返していたそうです。

 

「えっ!?、それだけ?」

僕は正直思いました。
日本人に対して全く謝罪しない姿勢。

 

 

松ちゃんは
このことに
怒りをあらわにしていました。 

 

ここからラジオは始まります。

 

松 「もうたまらんねん!!あの原爆で何人死んだんだと。思っとんねん」

 

MC  「まぁまぁ。声を荒げずに 笑」

 

松   「今度そのAさんが日本が来た時はオレに会わしてくれ。Aさんと話がしたいんや」

 

MC  「あぁー、かなり気合入てるやん」

 

松  「この平和式典も何で日本だけでしかやらへんねん。日本人が日本の子供達に伝えても意味ないねん。」

 

MC  「じゃあどうすればいいの?」

 

松   「毎年アメリカでも報道特番でこれを伝えるべきやねん。アメリカ人に伝えないといけない」

 

MC  「まぁ、そうやわなー」

 

松  「被害者が被害者に伝えてもだめ。例えば、朝礼遅れてきた子供に、遅れちゃダメよってちゃんと言うでしょう?朝礼に遅れずちゃんと整列していた子に「遅れちゃダメよ」って言っているようなもで。被害者が被害者に言っても意味ないねん。日本がアメリカにもっとこの事実を知ってもらわないと!」

 

 

MC   「もう泣いてるやん、この人‥」

 

 

松   「オレは悔しいんですよ (泣)」

 

 

 

松   「ホンマ悔しいんですよ、アメリカでは原爆を投下したエノラゲイを展示しているし
アメリカを助けた戦闘機ということで」

 

 

松   「なんやねん。アホか、ボケ! 原爆被害者がそれ見たらどう思うねん!」

 

 

 

 

このようなやりとりが、あったわけです。

松ちゃんが本気で泣くって驚きました。
よっぽど感情が動いたんでしょう。

 

僕もこの話聞いて、一番最初に思ったのが

伝える相手間違ってるやん。

素直にそう思いました。

 

今後もこのようなことが
起きないように、
被害者の気持ちや被害者ご家族の
気持ちや大切にするならば、

 

アメリカの人々にちゃんと伝えるべきです。

 

原爆でどんな被害に遭われたのか
今も苦しんでいる人や家族が
どんな思いで生活しているのか

このようなことを
知ってもらうべきです。

 

平和式典をアメリカで実況中継するぐらいが
ちょうどいいんじゃないかと僕は思います。

 

伝える相手を完全に間違っています。



 

 

 

松ちゃんの話を聞いて思ったこと

 

これはビジネスにも言えることで、

伝える相手を間違っちゃいけない。

例えば、
街中でライターを借りるときに、

タバコを吸ってそうな人を見つけて

「ライター貸してくれませんか?」

って言いますよね。

僕はタバコ吸わないんで
ライター借りませんが。笑

小学生や中学生に
「ライター貸してくれませんか?」

て言いませんよね。

だから

伝える相手を間違っちゃいけない。

この場合だと相手を間違ってしまうと
タバコ吸えないですから。

 

ブログやメルマガの文章書くときだって同じ。

感情を動かす文章の書き方はコチラ

 

伝える相手を間違って

ブログやメルマガを書いてしますうと

伝わらない。

ペルソナを設定して、
何を伝えるか決めてから書かないと、
ちゃんと伝わらない。

 

どんな相手に
どんな価値提供をするのか
どんな悩みがあって
どんな理想とする未来を描いているのか

 

リサーチするはずです。

 

伝えるべき相手がいるからこそ
その相手を鮮明にイメージできる。

 

相手が明確になるからこそ
どんな文章がいいのか
思考を使うわけです。

 

だから伝えるべき
相手は間違っちゃいけない。

 

それでは、また。

 

トーマス

 

無料プレゼントがもらえます。(コンテンツビジネス初心者セミナー動画)



ここまで読んでくれたあなたに 特別に無料プレゼントをご用意しました。

メルマガ登録した方限定で

・「コンテンツビジネス基本動画セミナー」

・「僕が初収益までにしたノウハウ動画セミナー」

  この2本を無料でプレゼントしています。

ネットビジネスこれからはじめるぞ!! という方は受け取って下さいね。

→無料プレゼントを受け取りたい方はコチラ

メルマガでは、
・ブログでは伝えれないコンテンツビジネスのこと

・忙しい社会人がネットに自分の分身を作る具体的な方法

・コンテンツビジネス(仕組み化)の大切な考え方

・個人がネットビジネスを始めるのに必要なこと

・家族持ちのパパでも簡単にネットビジネスができる方法


こんなことを発信しています。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  完全無料で学べます。マジで有料級です。。 気軽に登録してみて下さいね。
=================

-コピーライティング, 生き方

Copyright© 時給で働く会社員より暇な社長に憧れて40代会社員が起業した物語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.