ネットビジネス マインド

パワハラを受けたことで学んだネットビジネスの凄さ

 

こんにちは、トーマスです。


今日は僕の

「言いたくない過去」

 

をブログに書いてみました。

 

以前勤めていていた
会社でのパワハラの話です。

 

ちょっと嫌な気持ちになる方は
このまま読み進めない方がいいです。笑

 

パワハラ上司との出会い


僕は今の会社が3社目なのですが、

2社目の会社で働いていたの時の話です。

 

当時は東京で働いていました。


同じ職場にいた副支店長の話です。

 


彼は僕よりも10歳ほど年上で39歳ぐらい。


その若さで副支店長になるぐらい、
仕事ができて頭のキレる人でした。


声がデカくて、社内でも


「パワハラ上司」


で有名でした。


今でも覚えていますが
配属初日に


副「きみ、名前は??」

ト「○○と申します。今日からよろしくお願いします」

副「あ、そう。よろしく」

ト「‥」


この初日の挨拶で僕は生理的に


「この人はムリ!!」

 

と潜在意識に刷り込まれました。

 

僕の性格上自分に合わないと思うと
トコトン合わないと思い込むタイプ。

 

だから僕は副支店長が超苦手でした。

 


その後も、僕は副支店長とできるだけ接触しないように
逃げていましたが、

 

その態度も気付かれていたと思います。

 


そんなある日、
副支店長のデスクに呼ばれました。

 


副「きみさー。何この文章??やる気あるの?」

ト「あります」

副「こんな文章、会議で出せないでしょ!!」

ト「‥」

 

ここから永遠と30分の説教が始まりました。

 

オフィスに響き渡る声。

 

罵倒の嵐。

 


その声はパーテーションで仕切られた
隣の部署まで聞こえています。

 

オフィスの雰囲気は一瞬で
殺伐としたものに変わり、

 

 

説教された後は完全に
仕事のモチベーションはゼロです。

 

今すぐにでも家へ帰りたい‥

 

 

実はこの副支店長は毎日、
自分のデスクの横に日替わりで


誰かを立たせて説教をするのが


恒例の行事。

 

課長連中は2日に一回

僕ら平社員は週に一回

 

誰かがターゲットとなり、
説教を受けます。

 

 

この説教のせいで

 


鬱になってしまって
急に会社に来なくなった
課長もいました。

 


「普通に指摘すればいいのに」

 

僕はいつもそう思っていました。

 


目的は何??
相手の気持ちがわからないのか??

 


いや、
ただの見せしめ。

 

オレに逆らうものはみんなこうなる

 

という見せしめだ。


みんなの前で大声で怒ることで、
自分の権力を濫用して

 

自分が正しいことを証明している。

 


裏を返せば、自分に自信がなく、

正義を誰かに認めて欲しいという

欲求のあらわれ。

 


普段は誰からも認められていない
人だったなのかもしれません。

 


今は勉強しているから、

この副支店長がどういった心理で

「罵倒」

していたかわかります。

 


しかし、当時は経験が浅い
若手社員の僕は

 

その罵倒を間に受けて
病んでしまったんです。

 

「あぁ、また今日も罵倒されたらどうしよう‥」

 

その後、何度か

罵倒されるハメになりました。

 


結局、会社に行くのが嫌になり、

「一週間の出社拒否」

をしました。

 

真面目な性格の僕は、
自分を責めました。

 

「オレってこんなことも我慢できないんだな。情けない!」

 


今でこそパワハラなんかしたら
厳しく罰せられるようになりましたが

 

当時はまだそこまで厳しくない。

 

副支店長も部下の指導という部分については
未熟だったのかもしれません。

 

お金のためだけに我慢していいのか?

でもこの時、

僕は


「お金のために、こんなにも
我慢して会社に行くことってない!

 

そう思ったんです。

 


体を壊して、鬱寸前になりながら
お金のために必死で働く。

 

我慢できない自分を責めて、
自己嫌悪になっている人って

 

めちゃくちゃいます。


ちなみに、
職場の悩み事の一番は「人間関係」だそうです。

 


「みんな我慢してるから、自分も我慢しなきゃ」


って思っていませんか?

 


我慢なんかしなくてもいいんです。

 


精神的に強い人はいいけど、
みんながみんな強いわけではない。

 


僕みたいに一週間出社拒否するぐらい
メンタルが弱い人間もたくさんいるわけです。

 

余計な人間関係がないネットビジネス

そして、人間関係に悩まなくて
ストレスフリーなのが


このネットビジネスです。

 


向き合うのはいつもパソコンだけ。

 


余計な人間関係は一切ありません。


自分の発信に共感してくれた人だけが
ブログやメルマガに集まるから、

 

罵倒される心配もありません。笑

 


精神的に余裕がもてて、
しかも時間とお金に余裕ができる。

 


僕はこのネットビジネスを通じて、
もっと

 

「人間らしく生きたい」


そう思っています。

 

誰かに指示されて、
誰かの顔色を伺って、
やりたくないことを我慢して、

 


する仕事をあと30年以上も続けるなんて
恐怖でしかなかった。

 


だから僕は

ネットビジネスという選択をした。


仕事をしながらでも、僕みたいに
ネット上に「仕組み」を作り、

 

本業以上に稼いでいる人は
たくさんいます。

 

もっと言えば、この
「仕組み化」に興味があって

 

一歩踏み出せない人も
もっとたくさんいます。

 


そして、


正しい知識を学べば
誰にでもできます。

 


メンタルがチョー弱くて
一週間出社拒否した僕でも

 


ちゃんと学べば「仕組み化」が
できたんですから。

 

余計な人間関係に縛られず、
お金も時間も自由な生活を送るためには、

 

ネットビジネスが一番最適です。

「あの時に本当にネットビジネスやっていて良かった」

今は心からそう思います。

だから、
現在、職場の人間関係に悩まされているなら、

一歩踏み出す勇気さえあれば
人生はいつでも変えれます。

それをお伝えしたくて
今日はブログを書きました。

 

無料プレゼントがもらえます(動画セミナー)

ここまで読んでくれたあなたに
特別に無料プレゼントをご用意しました。


メルマガ登録した方限定で

「ネットビジネス基本動画セミナー」

無料でプレゼントしています。

ネットビジネスこれからはじめるぞ!!
という方は受け取って下さいね。

→無料プレゼントを受け取りたい方はコチラ

メルマガでは、

・ブログでは伝えれないと
・忙しい社会人がネットに自分の分身を作る方法
・ネットビジネス(仕組み化)の大切な考え方
・個人がネットビジネスを始めるのに必要なこと
・家族持ちのパパでも簡単にネットビジネスができる方法

こんなことを発信しています。

気になる方はコチラからどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

完全無料で学べます。

気軽に登録してみて下さいね。

=================

 

 

 

-ネットビジネス, マインド

Copyright© 月収500万の起業家からビジネスを学び会社に12時間拘束の会社員が起業した物語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.