生き方

ビジネスの自動化って何なの?

 

こんにちは、トーマスです。

今日はビジネスの「自動化」についてお話しします。

僕のブログでも「自動化」って言葉がちょくちょく出てきていると思います。
なので具体的に説明をして行きたいと思います。

自動化って何?
仕組みって何?
具体的にどういうこと?

そんな人向けのブログになります。
最後まで読んでいただけたら、嬉しいです。

 

ネット上に自分の分身を作る

ネット上に自分の分身を作る。

はぁ?何言ってんの?
と思われるかもしれませんが、言葉の通り

インターネット上に自分の分身を作ること
です。

これをすることで、

あなたが平日の会社で昼間働いている時も、
休みの日に子供と公園で遊んでいる時も、
ジムでダンベルを持って筋トレしている時も、

あなた代わりに自動で働いてくれる
と言うことです。

それをネット上に作ることができる。

よくある詐欺みたいな


ワンクリック100万円で稼げますよ。とか、
ネット上でのねずみ溝。とか、


みたいに怪しいものではない。


逆にあんな詐欺みたいな商売に
よく騙されるよなーって思う。

それはビジネスの本質を理解していないからだ。

労働よりも自動化

 

今、お仕事をしていて毎日帰りも遅いし時間がない。
土日も仕事があるし、家族との時間が全くない。

 

こういった悩みをよく聞くのですが、
それを解決する方法があります。

 

それは、労働をやめることです。

 

今すぐに無理なのは承知です。

 

でも世間には毎日労働せずに、
毎日2時間ぐらいの作業だけで

自動で不労所得が入ってくる人がいるんです。
僕らが知らないだけで‥

 

 

僕のビジネスの師匠も現在会社員を辞めて
起業しています。

 

月の収入は100万円以上です。

 

信じられないかもしれませんが
事実です。

 

勿論、労働していません。
ネット上で仕組みが働いている状態です。

 

自動化や不労所得って実は身近にもある運ですよ。

 

カラオケで1曲歌うとアーティストに3円の歌唱印税というものが
自動的に入ります。

 


例えばそのアーティストが10曲持っていて、
全部一回ずつ歌うと300円が入ります。

 

そのアーティストは
別のステージでコンサートしていても、
ボイストレーニングをしていても、

 

自動で収入が入ってきます。

 

しかし、労働だとそうはいきません。
あなたが働いていない限り、収入は入ってこないはずです。

 

労働が悪いと言っているのではありません。

 


ただ、労働を続けると自由になれないよ。

 

と、言いたいのです。

 

だから、労働側から
自動化で収入が入ってくる側に


シフトしませんか?

 

 

 

インターネットは革命的

 

これからの時代ビジネスでインターネットを
使わない手はない。

 

それはなぜか?

 

インターネットを使うと
保存レバレッジがきくから。

 

この保存とレバレッジの両方を使えるというのは
「鬼に金棒」みたいな感じです。

 

メジャリーガーの大谷翔平選手みたいなもので
165キロの球を投げながら、ホームランも量産できる
二刀流みたいなもんです。

 

ご説明しますね。

 

昔、農業革命というものが起こりましたね。
あれって食料を保存できるようになりました。

 

保存できるようになったことで
餓死する人が劇的に減ったんです。

 

その後、中国で紙が発明されました。
この紙は何のために使われたか?

 

それは紙に書いて知識や情報を共有するためです。
つまり知識や情報を紙に書いて。
いつでも見れるようにしたのです。


これも保存ですね。

 

知識や情報を保存できるようになったことで
とても便利になりました。

 

その後、「活版印刷」というものが発明されて、
紙を大量に刷ることができるようになった。
これがレバレッジです。

 

紙を大量に刷ることで、知識や情報が
大量に保管できるようになり

 

多くの人に知識や情報が
届けられるようになりました。

 

これが後に本というカタチの原型ですね。

 

というように、
歴史上、革命が起こった時には
保存の技術が向上してきたわけです。

 

 

そして、現代
SNSやブログやYouTubeを
使うことで個人でも知識や情報を
どんどん発信できる時代になりました。

 

これは本当にすごいことです。
自分でも

恵まれた時代に生まれたなーと

実感しています。

 

インターネット✖️情報発信

 

そして、
インターネットを使うことで情報発信
出来る範囲が広がるんです。

これがレバレッジです。

ネット上に知識や情報を保存したものは

 

世界中
誰でも
24時間
何回でも
いつでも

 

保存した情報が見れるわけです。

 


これがインターネットの
レバレッジの強さです。

 

僕はこれを学んだ時は
全身に電気が走るぐらい
チャンスだと思いました。

 

これならちゃんと学べば
個人でも稼げる


率直にそう思いましたね。

 

ビジネスは価値の提供です。
お客さんの悩みを解決して、
信用されたら、お金は入ってきます。

 

とってもシンプルなはなし。


それをインターネットのレバレッジを使って
価値を提供するのです。

 

そして、
僕は本業で働きながら、
副業でネットに仕組みを構築させています。

 

もう個人でも稼げる時代に入りました。
だからやらない手はないんです。

 

今からでも遅くないし、
人生はいつからでも変えれます。

 

凡人だった僕でも
仕組みを作ることができるのだから、

 

少しの覚悟があれば
誰でも仕組みは作ることができます。

 

一緒に頑張りましょう。

 

それでは、また。

トーマス

 

 

 

 

 

 

 

 

-生き方

Copyright© 月収500万の起業家からビジネスを学び会社に12時間拘束の会社員が起業した物語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.