コンテンツビジネス マインド

学歴コンプレックスの男性が持つ男性の7つの特徴。この7つは人生に必要ない。

こんにちは、トーマスです。

 

今回は学歴コンプレックスを持つ男性の
7つの特徴というテーマです。

 

僕自身もずっと学歴コンプレックスがありました。

 

 

そして、この7つの特徴は僕自身も
全て当てはまっていたものです。

 

だから、全て経験から学んだことになります。

 

そして、この文章を読んでくれているあなたは
おそらく学歴コンプレックスで悩んでいるはずです。

 

そんな人のためにこのブログを書きました。

 

コンプレックスに悩んでいる人は
”あること”が原因で辛い毎日を送っています。

 

その”あること”を理解することで、
自分の学歴に対して”劣等感”がなくなるはずです。

 

劣等感で辛い毎日から
軽やかにな人生を送れるようになりますので
最後まで読んでみてください。

 

この記事はこんな人におすすめ

  • 学歴コンプレックスが原因で人生が絶望的に楽しくない人
  • 学歴コンプレックスという呪縛から抜け出したい人
  • そもそも学歴コンプレックスとは何のか知りたい人
  • 学歴コンプレックスから抜け出すための具体的な方法を知りたい人

 

 

 

学歴コンプレックスの男性の7つの特徴はこれ!

 

まずはこれをご覧ください。

 

学歴コンプレックスの男性の7つの特徴

  • 他人と自分を比較する
  • 肩書きで人を判断してしまう
  • 他人に依存する
  • ネガティブに考えてしまう
  • 自分の信念を持っていない
  • 自分より学歴が下の人を見下す
  • 挑戦しない

 

この7つの特徴は今後のあなたの人生で全て不要なものばかり

 

どうですか?

自分に当てはまるところは1つでもあったんじゃないでしょうか。

それでは順番に見ていきましょう。

 

他人と自分を比較する

まず、学歴が気になるということは、

自分と他人を比べています。

 

大卒と専門学校卒。
偏差値70と偏差値53。

 

こんな感じではないでしょうか。

 

他人と自分を比べて、
いいことなんか1つもありません。

 

自分より学歴が下の人を見つけては安心して、
自分より学歴が上の人を見つけては落ち込む。

 

そんなことよりも、
自分の価値を高めることに
時間を使いましょう。

 

そっちの方が、
あなたの人生を豊かにしてくれます。

 

 

 

肩書きで人を判断してしまう

最終学歴は学生時代に受験戦争を勝ち抜いた、
証ですから、素晴らしいことですし、

誇れることだとは思います。

 

しかし、偏差値が高くて、いい大学を卒業すれば
そのあとの人生が約束されるわけではありませんね。

そして偏差値が高いからといって、
素晴らしい人間かといえば、そうではありません。

 

あくまでも学歴は”肩書き”の一つです。

あなたを初対面で判断する一部の
参考材料にしかなりません。

 

言い方を変えれば、あなたという人間を表現するための
ほんの一部の”条件”でしかありません。

 

”肩書きをなくした自分”に自信がない人ほど、
この肩書きにすがりたがります。

 

肩書きや学歴なんかよりも、本当の自分を高めようよ。

 

そう伝えたいです。

 

他人に依存する

 

学歴コンプレックスがある人は自分に自信がありません。
そんな人は”他人に依存”します。

学歴コンプレックス ▶︎ 自分に自信ない ▶︎  他人に依存する

 

この負のスパイラル。

 

他人に依存するということは、他人軸で生きること。

いつも、まわりの目を気にして行動をとります。

 

これは学歴コンプレックスが引き起こした、
二次障害と言います。

 

ネガティブに考えてしまう

学歴コンプレックスが原因で他のことまで、
ネガティブに考える癖がついてしまう。

 

人生でうまくいった成功体験が少ないのが原因です。

無気力になって、仕事や勉強に対してやる気が出ない。

 

そして何をするにしても”自分にはできない”とすぐに口にしたり、
頭の中は常に自分には”できないイメージ”を持っています。

 

自分の信念を持っていない

学歴とは言ってみれば、自分の外側の部分です。
(自分を表す一部の条件でしかありありません)

 

ですが、その外側の部分が大事だと思ってるわけですから、
自分の内側の部分に目を向けません。

 

本当はそっちの方が大事なのに…

 

内側の部分とは、その人のパーソナルの部分です。
(考え方、信念、その人の人となり)

 

そこが実は人生で最も重要なのですが、学歴コンプの人は勘違いしています。

なので、自分の信念(どう生きるか)を持っていません。

 

自分より学歴が下の人を見下す

学歴コンプレックスの人は

偏差値が高いと偉い、
偏差値が低いと偉くない、

 

という”カースト制度”の
中で生きてます。

 

俺がここで、アイツは俺よりも下だ!と。

 

なので、自分よりも学歴が下だと判断したら、
急に偉そうな態度をとってきます。

 

自分のポジションを獲得するために
マウントをとってきます。

 

これは無意識にしてるので、
本人には意識はありません。

 

挑戦しない

学ぶことへの恐怖。

自分は勉強が苦手だと”思い込んでいる”人が
社会人にめちゃくちゃ多いです。

 

だから「テスト」や「勉強」という言葉を聞いただけで
脳が拒否反応を起こしてしまう人は

非常にもったいないです。

 

なので社会人になって一番「学ばないといけない」ときに
勉強をしない人になってしまいます。

 

だから何かを新たに学んだり、挑戦したり、
への恐れを他人より持っています。

これは自分は
「所詮、自分なんか学歴がないからできないよ‥」

という思いこみが邪魔をしています。

 

学歴コンプレックスの人が1番にしないといけないたった1つのこと

 

結論から言うと自己理解です。

自己理解をしないと一生この学歴コンプレックスに
人生を拘束されて生きていくことになります。

 

資格をとったり、
大学を通信制で行き直したり、
英語の勉強を始めたり、

 

色々してみることも、それはそれで
いいと思います。

 

しかし”根本的”な解決にはなりません。

 

冒頭に書きましたが、
僕も学歴コンプレックでした。

 

僕はスポーツ推薦だっことによる
学歴コンプレックス。

 

高校進学も大学進学もスポーツ推薦。

だから、まともな受験勉強をしていません。

なので社会に出てから苦労しました。

どんな苦労があったかと言うと、

 

先輩たちの話についていけない‥
新聞やニュースについていけない‥

 

自分ってもしかしてバカなのか?
と思いコンプレックスをもつようになりました。

 

自分が勉強をしてこなかったことで
劣等感が襲ってきたのです。

その後新卒で働いた会社を5ヶ月で辞めたことが原因で、

自信もなくなったし、やる気というものを完全に
見失った時期がありました。

 

学歴がない自分は、ちゃんと勉強なんかしたことがない。
だから自分を認めてくれる会社なんかないんだ。

 

こんな卑屈になっていました。

 

それから頑張って資格をいくつか取りました。しかし、
学歴コンプレックスは消えなかったんです。

 

そもそも学歴コンプレックスは表面的な理由で、
本当の原因ではないんじゃないか?

 

そう思うようになったのです。

 

それから僕はいろんな本や教材で
学ぶことで1つの答えが出ました。

 

それが自己理解です。

 

学歴コンプレックスの全ての問題はこの
自己理解が欠落してることが原因だったのです。

 

自己理解をするためには?

自己理解するためには

自分は何者で、自分はいつも何を考えているのか
深堀りして知る必要があります。

 

そのためには、

まずは自分に対して質問をして下さい。

 

自己理解するための質問

自分はなんで学歴コンプレックスなのか?
自分は幼い頃にどんな環境で育ったのか?
自分は何が好きで、何が嫌いなのか?
そして自分は本当はどうしたいの?

 

最初は質問の答えが、
わからないかもしれませんが、

 

何度も何度も質問することで、
少しずつ自分のことがわかってきます。

 

大事なのは自己理解することを
諦めないことです。

 

人は自分のことをわかっているようで、
1番わかっていないのが”自分”です。

 

自分を知ることは、
”他人を知る”ことに等しいです。

 

学歴コンプレックスに自己理解が必要なワケ

 

なぜ、ここまで自己理解が必要と口を酸っぱくして言っているのか?

それは学歴コンプレックスの
そもそもの原因は”思い込み”だからです。

 

えっ?!そんなわけはないだろう。

 

と思われるかもしれませんが、
これが事実です。

コンプレックスは全て
己の”思い込み”からくる幻想です。

 

思い込みとは幻想であり、ファンタジーです。

 

コンプレックスだと勝手に思ってるのは自分です。

 

あなたは今まで、

高学歴じゃない自分には価値がない

 

そう思っていませんでしたか?
これが自分の常識だと思っていませんでしたか?

 

もちろん全ては否定しません。

高学歴であることで大企業で務めて
社会的信用が上がったり、

医者になれたり、国家公務員になれる可能性は
高くなります。

 

しかし、そもそもの

高学歴じゃなきゃいけない

 

というルールを疑うことをしないのでしょうか?

 

高学歴の人ほどその当たり前のルールを
信じて疑いません。

 

勉強ができることと、
知能が高いことはイコールではありません。

 

高学歴とは”お勉強”ができる一つの判断材料です。

なのに誰かと自分の学歴を比べたり、
自分の理想と現在のギャップを比べて、

 

落ち込んでいるのは自分です。

 

だから、この自分の”頭の中”を変えることが
思い込みを外す1番の方法なのです。

 

その思い込みという幻想を取り除くために
自己理解が必要なのです。

 

無料プレゼントがもらえます。(コンテンツビジネス初心者セミナー動画)



ここまで読んでくれたあなたに 特別に無料プレゼントをご用意しました。

メルマガ登録した方限定で

・「コンテンツビジネス基本動画セミナー」

・「僕が初収益までにしたノウハウ動画セミナー」

  この2本を無料でプレゼントしています。

ネットビジネスこれからはじめるぞ!! という方は受け取って下さいね。

→無料プレゼントを受け取りたい方はコチラ

メルマガでは、
・ブログでは伝えれないコンテンツビジネスのこと

・忙しい社会人がネットに自分の分身を作る具体的な方法

・コンテンツビジネス(仕組み化)の大切な考え方

・個人がネットビジネスを始めるのに必要なこと

・家族持ちのパパでも簡単にネットビジネスができる方法


こんなことを発信しています。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  完全無料で学べます。マジで有料級です。。 気軽に登録してみて下さいね。
=================

-コンテンツビジネス, マインド

Copyright© 時給で働く会社員より暇な社長に憧れて40代会社員が起業した物語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.