コンテンツビジネス ネットビジネス

もしかして自分って会社員向いてない?

こんにちはトーマスです。

 

もしかして、
自分は会社員向いてないんじゃないか。。

 

そう考えたことはありませんか?

 

まぁフツーに冷静になって考えると、
会社員に向いてるか、向いてないかは、

 

大した問題ではないですね。

 

だって皆んながみんな会社員に向いてるわけはないんだし、
組織の中で合わない人間なんて実は腐るほどたくさんいます。

 

僕の起業家の仲間はほとんどが
今の会社で働くことが嫌でビジネスを始めた人ばかりだし、

 

会社員の働き方に違和感を感じている人ばかりです。

 

そしてフリーランスや起業して個人で活躍する手段は
今の時代はいくらでもありますからね。

 

例えば個人でブログだけで稼いでいる人や
動画編集や物販をしながら会社を起こしている人もいます。

 

働き方にも「多様性」が生まれてきているのは、
もう止められない時代流れですね。

 

数年前まではいい大学を出て、いい会社に入ることが、
幸せに生きていくための、常識だと思っていました。

 

というか思わされていた。

 

と言う方が正しいかもしれないですね。

 


学校の先生や親にそうやって教えられたのだから、
アイツらが悪いんだ!!

 

なんかこれっぽっちも思っていません。

 

ただただ、
世間の常識やらは一個人が

 

作り上げれるようなものでもなく、
世間の「空気」みたいなものが

 

そうさせているのだから
仕方ないっちゃ、仕方ない。

 

そして僕は自分で言うのもなんですが、
自分のことを「社会不適合者」だと思うぐらい、

 

会社員には向いてないと思っています。笑

 

 

だって僕は23歳の時に会社に合わずに、
5ヶ月で会社を辞めた経験がありますし、

 

理不尽な上司に素直に従うことができずに、
反抗したこともあります。笑

 

だから僕はおそらく社会的不適合者ですね。

 

なのでこの記事では、

 

社会不適合者の僕だからこそ、

 

「自分って会社員に向いてないんじゃないか。。」

 

って悩んでいる人に勇気を与えられると思って書きました。

 

 

「社会不適合者のオマエには言われたくない」

って人は無駄な時間を使わせてしますので、

ここでこの記事を閉じてくださいね。

 

 

 

この記事では会社員に向いていない人の特徴を
理解してもらい、

 

そんな「会社員に向いてない人」は

これからの人生でどんな戦い方をしていけば
いいのかをお伝えします。

 

 

会社員に向いてない人の特徴①

頑固な人です。

 

 

これは裏を返せば

強い信念を持っている

 

ということです。

 

自分が生きていくための指標があって、
それに沿って人生を歩んでいくのが信念です。

 

その指標に合わない事はやらないし、
自分の信念に嘘をついてまで

会社の言うことに従わないのが特徴です。

 

他人からしたら頑固に見えるだろうし、
同調圧力にも流されすに逆らえる人です。

 

言い方を変えるとブレない人です。

 

自分でも思い当たる節はありませんか?

 

僕は信念がある人はとても素敵だと思うし、
人生を真剣に考えている人に見えます。

 

そんな人はリーダー向きだし、
信頼されれば部下からは慕われるでしょうね。

 

組織の方向性に合わない時は、
その狭間で苦しむタイプですね。

 

会社員に向いてない人の特徴②

合理的な人です。

 

 

一切の無駄を省き、合理的に物事を進めるあまりに、
他人に「これ」を押し付けてしまいます。

 

モタモタしてる上司や部下にいつもイライラしてしまい、
感情的になるのが特徴。

 

兎に角、無駄なことが大嫌い。

 

でも会社の中でたくさん無駄なことが多かったりします。

 

無駄な会議、
無駄な事務処理
無駄な人間関係

 

この無駄なことに一つずつイライラしてしまうのが
合理的な人です。

 

これらをすぐに改善できることもできないし、

 

「改善されない無駄なこと」に苛立ち、
ストレスを溜める。

 

合理的に物事を進めるためには、
全て自分で決めて行動したいという

 

思いが強いのが合理的な人の特徴です。

 

会社員に向いてない人の特徴③

絶対叶えたい夢がある人です。

 

 

自分の人生はこのままではいけない!

といつも思っていたり、いつか夢を叶えたいと
思っていたりします。

僕も昔「プロ野球選手になる」という夢を
持っていましたが、20歳のころに野球自体を

やめてしました。

だから、「他の道で必ず成功したい」

という夢をずっと持っていました。

会社員で働きながらも
いつも「いつか夢を叶えたい」

 

そう思っていました。

 

結婚もして家族の大黒柱になりましたが、
夢を持ち続けることは、決して悪いことではありません。

 

生きているうちは夢を持って行動
していきたいですね。

 

僕も含めてですが、
いつまでも夢や希望がある人は、

 

他人よりも劣等感が強かったり、
コンプレックスが強い人が多いような気がします。

 

それが行動するエネルギーになるんだったら、
僕は全然構わないと思います。

 

 

会社員に向いてない人の特徴④

現状維持が嫌いな人

 

 

現状維持は安定と言い変えることができる
かもしれません。

 

しかし、僕は会社員でバリバリ働いていたときでさえ、
自分の社会人としての能力は?

 

と考えた時に何も身についてなかったんですね。

つまり、いつも現状維持。。。

 

一番身についた力といえば

組織の中で同調圧力に流されて
空気を読んで行動する。

どれだけ自分の嫌なことでも
我慢して働く能力です。

 

非常に残念ですね。

 

でもこの現状維持が心地良い人は
会社員に向いてると思います。

 

だって現状維持から抜け出すには
「リスク」がつきものだからです。

 

会社員に向いてないなら、それなりの戦い方がある

ここで、「会社員に向いてない」人の

本当の欲求というのを知る必要があります。

 

本当の欲求ってなに??

 

と思われるかもしれませんが、

人の欲求というのは実は

顕在的な欲求潜在的な欲求の二つに分かれます。

 

顕在的な欲求とは表面的な欲求のことです。
そして潜在的な欲求とは深いところで持っている、
本当の欲求のことです。

 

例えば、この3つの顕在的な欲求(表面的な欲求)
があります。

 

【顕在的的な欲求】

・会社員に向いてない
・いい会社員に入りたい
・高級な時計をつけたい

 

これを潜在的な欲求(本当の欲求)に振り分けると、

 

【潜在的な欲求】

・会社員に向いてない →  社会的に認められたい
・いい会社に入りたい → 世の中に遅れをとりたくない、モテたい
・高級な時計をつけたい → モテたい、他人より優れたい

 

このように、人の欲求はこの「潜在的欲求」に集約されます。

 

この潜在的欲求のことを

生命8つの力(LF8)

と呼ばれています。

生命8つの力(LF8)

  1. 生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい
  2. 食べ物、飲み物を味わいたい
  3. 恐怖、痛み、危険を免れたい
  4. 性的に交わりたい
  5. 快適に暮らしたい
  6. 他人よりも優れ、世の中に遅れを取りたくない
  7. 愛する人を気遣い、守りたい
  8. 社会的に認められたい

 

これはビジネスでも相手の悩みを知るということに関しては
かなり役に立つ知識なので覚えておいてくださいね。

 

話を戻しますね。

 

僕もそうですが、

「会社員に向いてない」

 

という人の本当に悩みは

会社員に向いていない → 社会的に認められたい

 

ということなんですね。

 

会社員に向いてない自分を認めることは
社会的に認められないんじゃないか?

 

という恐れが出てるはずです。

 

ですが、僕のように会社員は向いてないと
自分のことを認めて、

 

これから戦っていける場所を見つけることの方が
精神的な安定につながります。

 

会社員に向いてないからと言って

 

社会的に認められなくなるって
ことはないわけです。

 

それはただの妄想です。

 

僕の周りには会社員時代はポンコツだったけど
コンテンツビジネスを始めて大きく人生が

変わった人がいます。

 

 

社会的に認められたい気持ちは誰にでも、
ありますが、それに固執して、

 

我慢を続けることの方がリスクだと思います。

 

だったら、
自分は「会社員に向いてない」

 

それを早く認めることが
何よりも苦しい毎日から抜け出す

 

一番の近道だと思います。

 

もしかしたら、
あなたには守らなければいけない
家族もいるかもしれません。

 

あと20年以上の住宅ローンを抱えていて
その毎月の返済があるから、

会社員で働き続けなきゃならない。

 

 

 

子供が来年大学受験を控えているから
あと数年はお金がかかるんだ、
と言う人もいるかもしれません。

 

僕も家族を持ち、小学生の子供がいるので
その気持ちはよくわかります。

 

ですが、

 

 

会社員に向いてない人が
今から数年で組織に適応する人間に変われる

 

なんてことの方が

 

可能性としては低いわけです。

 

じゃあどうしたらいいのかというと

 

自分は会社員に向いてないことを認め、
これからの人生は会社員に変われないことを、

 

前提に生活をしていく必要があります。

 

このままだと組織の中で
我慢していくしかありません。

 

 

正直に言いますが、
会社員に向いてない人が

このまま我慢して会社組織に
身おいて我慢していくことは

本当にやめた方がいいです。

 

 

周囲との摩擦に溜まるストレスに耐えて、
変われない自分に自己嫌悪になっても、

 

我慢しかないのです。

 

それで体調を崩さずに健康管理ができるなら
それでいいかもしれません。

 

ですが僕はそれが無理だったのです。

 

僕は10年前に会社員に適合できない自分を責めて、
ストレスが溜まり、知らない間に

 

体調を崩していたのです。。。

 

僕のように無意識に
ストレスが溜まる状態は怖いです。

 

このまま会社員に向いてない自分を認めずに、
健康を害してまで

 

会社員の働き方を我慢する必要は全くない。

 

だったら会社員という働き方に
固執する必要はないと思いました。

 

実は僕らが知らないだけで、

今の会社を辞めたいと
思っている人は全体の70%以上もいることがわかりました。

 

出典:産経新聞

 

 

あなたはここまでブログを
読んでいただいてるので、

 

もしかしたら
会社員に自分は向いてないんじゃないか?

 

もしくは、このブログの意見に共感を
していただいてることだと思います。

 

 

何度も言いますが、
会社員という働き方に固執せず、

 

会社員以外でもお金を稼ぐ力を
自分自身で身につけることが

最適なんだと思います。

 

 

まずは自分が

会社員に向いていないことを認めること
が最初の一歩です。

無料プレゼントがもらえます。(コンテンツビジネス初心者セミナー動画)

ここまで読んでくれたあなたに
特別に無料プレゼントをご用意しました。

メルマガ登録した方限定で

・「コンテンツビジネス基本動画セミナー」
・「僕が初収益までにしたノウハウ動画セミナー」

 

この2本を無料でプレゼントしています。

ネットビジネスこれからはじめるぞ!!
という方は受け取って下さいね。

→無料プレゼントを受け取りたい方はコチラ

メルマガでは、

・ブログでは伝えれないコンテンツビジネスのこと
・忙しい社会人がネットに自分の分身を作る具体的な方法
・コンテンツビジネス(仕組み化)の大切な考え方
・個人がネットビジネスを始めるのに必要なこと
・家族持ちのパパでも簡単にネットビジネスができる方法

こんなことを発信しています。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

完全無料で学べます。マジで有料級です。。

気軽に登録してみて下さいね。

=================

無料プレゼントがもらえます。(コンテンツビジネス初心者セミナー動画)



ここまで読んでくれたあなたに 特別に無料プレゼントをご用意しました。

メルマガ登録した方限定で

・「コンテンツビジネス基本動画セミナー」

・「僕が初収益までにしたノウハウ動画セミナー」

  この2本を無料でプレゼントしています。

ネットビジネスこれからはじめるぞ!! という方は受け取って下さいね。

→無料プレゼントを受け取りたい方はコチラ

メルマガでは、
・ブログでは伝えれないコンテンツビジネスのこと

・忙しい社会人がネットに自分の分身を作る具体的な方法

・コンテンツビジネス(仕組み化)の大切な考え方

・個人がネットビジネスを始めるのに必要なこと

・家族持ちのパパでも簡単にネットビジネスができる方法


こんなことを発信しています。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  完全無料で学べます。マジで有料級です。。 気軽に登録してみて下さいね。
=================

-コンテンツビジネス, ネットビジネス

Copyright© 時給で働く会社員より暇な社長に憧れて40代会社員が起業した物語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.