コンテンツビジネス

後悔したらもう遅いときがある。あなたは後悔のない人生を送れていますか?

こんにちは、トーマスです。

 

今日は
「あなたは後悔のない人生を遅れていますか?」

 

というタイトルです。

 

人によってはかなり
耳の痛い話になってしまいます。

 

そんなことは
「お前に言われたくないよ」

 

そう思われてしまうかもしせません。

 

でも今回どうしても
あなたに伝えたいことが

あったので書きました。

 

最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

 

(伝わりやすく書いたので、「ですます調」は使用していません)

 

 

 

=========

人生で「絶望」とも言える事が僕に起きた。。

 

 

それは今から約2年前。

 

毎年のように僕は会社の健康診断を受けた。

 

今年に限って、たまたま
その検査結果が
よくなかった。

 

ただ再検査の必要もない程度。

たまたま体調が優れなかっただけ。

まぁ大丈夫だろう。

 

と思いながらも、念のために、

 

近くの病院で診てもらうことにした。

 

 

家の近くにある
内科をみつけて、エコーの検査をしてもらった。

 

案の定、健康診断でひかかったところは

 

異常がなく、一安心だった。

 

「あぁーよかった!」

「オレやっぱ、健康じゃん!!」

 

僕は今まで骨折すらもしたことがなかった。

 

安堵の表情を浮かべて、

帰ろうとした時だった。

 

「あっ、それとね‥」

 

先生の顔が少し真顔になってこう言った。

 

「少し腎臓を診てもらった方がいいです
何かわからないけどエコーにうつっていますよ」

 

と先生に言われた。

 

 

「えっ!?」

 

「どういうこと?オレ大丈夫じゃないの??」

 

急にめちゃくちゃ心配になった。

 

すぐにでもちゃんと診てもらいたい!!

 

そう思い、

翌週には
紹介状をもって総合病院で

精密検査をした。

 

血液検査とCTの検査をした。

 

結果が出るまでに少し時間がかかるので
翌週の予約を取ってその日は帰った。

 

それから1週間後、

 

ドキドキしながら診察室に向かった。

自分でも心臓音が響くのがわかったが、
深い深呼吸をして自分を落ち着かせてから

 

診察室の扉をノックして、入った。

 

 

そのあと、先生と30分ほど
色々と説明をしてくれたが

 

正直あまり覚えていない。

結論から言うと、

 

 

腎臓に癌(初期)がみつかったのだ。

 

僕の頭は真っ白。

 

何がなんだかわからなかった‥

 

その時の記憶を消し去ろうとしているのか、
覚えていないのだ。

 

僕はその事実をすぐに受け入れることが

できなかった。

 

「まさかオレ、もうすぐ死ぬの?」

 

そんな言葉が頭をよぎった。

 

今まで健康だけが取り柄で生きてきた。

どちらかというと体は丈夫な方で

 

大きな病気なんか一度もしたことがない。

 

そんな自分が癌の宣告を受けた。

 

信じられなかった。

 

初期ではあるが

自分がそのような大きな病気になったことが

 

本当にショックで仕方ない。

 

手術直前まで、

本当は誤診なんじゃないのか?

 

「先生、もう1回ちゃんと診て下さいよ!!!」

 

と何度も心の中で叫んだ。

 

ショックのあまり部屋で1人泣いたこともあった。

 

それに加えて家族に心配をかけて

しまったことも嫌だった。

 

妻は、僕が万が一死んでしまったら。。。

 

という最悪なケースを考えるはずだ。

 

そうなってしまったら

妻や娘はたちまち、

 

明日から生活するお金が入ってこなくなり、

路頭に迷う。

 

そんな心配をさせてしまったことが

家の大黒柱としても無責任な感じがして

 

とても嫌だったのだ。

 

妻は

 

「とにかく今は手術のことだけを考えて」

 

と優しく言ってくれた。

 

でも僕は本当に申し訳ない

気持ちでいっぱいだった。

 

 

 

 

それから2ヶ月後

 

 

 

 

無事に手術を終えたその夜

僕は病院のベッドの上にいた。

 

 

 

 

 

はじめてメスを入れた傷口からは

急激な痛みがはしる。

 

 

 

 

 

真っ暗な病室には

空調と、僕の口につけられた
酸素ボンベの音だけが響いていた。

 

 

 

 

体中には経験したことない倦怠感。

 

全身が熱くてとてもじゃいけど
寝れる状態ではなかった。

 

 

とにかくアツい‥

 

 

 

麻酔の効果がなくなり、
時間が経つに連れて

 

少しずつ、

 

 

傷口の痛みが増していく

 

「とにかく助けて下さい。。」

 

と言わんばかりに

僕は何度も何度も

 

ナースコールのボタンを押した。

 

 

看護師さんに、

 

「この痛みどうにかならないですか・・」

 

と泣きそうになりながら
言ったのを覚えてる。

 

 

「もう少しの辛抱です。朝までがんばりましょうね」

と看護師さん。

 

その言葉に救われた。

 

とにかくその夜は
はじめて手術を終えて

不安だったのかもしれない。

 

 

経験したことがないぐらい

孤独で苦しい夜だった。

 

そのまま一睡もできないまま

やっと朝を迎えた。

 

その朝は特別な朝に感じた。
そして、いつもより朝日がキレイに見えた。

 

こんなキレイな朝日を見たのは
何年ぶりだろうか。

 

孤独感と傷口の痛みから
解放された気がした。

 

 

 

そして1週間の入院期間中、

僕は今までにないほど

「死」について考えた。

 

普段の何気ない日常が

「幸せ」

でしかないことを改めて実感した。

 

仕事が忙しいとか、

給料が少ないとか、

人間関係がよくない、とか、

 

 

本当にどうでもいい。

 

 

普段の抱えている悩みなんて、

 

些細でちっぽけのことのように思えた。

 

そして、僕はこの出来事をきっかけに

 

人はいつどんなことが起きるかわからない。

ということも学んだ。

 

例えば、誰にだって
明日突然交通事故で死ぬかもしれないし、

 

僕のように急に病気になるかもしれない。

 

その可能性は全員にあって
例外はない。

 

 

自分だけ大丈夫だろう
なんてことは絶対にない。

 

自分の命はいつ終わるのかわからない。

 


だからこそ、

 

今、この瞬間を懸命に生きる

 

後悔なく生きるには
それしかないのだ。

 

それを実感した。

 

「死」というものはいつも

自分の身近にあって、
残念ながらみんな平等に

その可能性がある。

 

 

だから僕はこれからの人生を悔いなく

真剣に生きようと

 

心に誓った。

 

 

そして僕は今での人生を振り返って

真剣に生きていなかったことを
物凄く後悔した。

 

 

今までやりたいことも全然してこなかったし、

人生の目標なんてものもない。

とりあえずなんとなく生きていた。

 

 

しかし、これからの人生は

悔いのない生き方をしよう!!

と決めたのだ。

 

 

だから、僕は

 

2020年9月に起業した。

 

 

 

お金や時間を手に入れて、

残りの人生を楽しく過ごしたい。

 

お金だけが豊かさを決めるものではないが、

ないよりはあった方がいいし、

 

お金がないと

 

やりたいことがあっても

我慢しなくちゃいけない。

 

お金を貯めてから

やりたいことをすればいいと

周囲の人は言うけれど、

 

 

僕はそうは思わない。

 

人生は有限だし

人はいつ死ぬのかわからない。

 

 

やりたいことがあれば

できるだけ早い段階で実現した方がいい。

 

だからやりたいことを

我慢していつできるのかわからないような

人生は嫌だし、

 

生きている間に

できるだけ

多くの経験をしたい。

 

そして妻や娘には

やりたいことをたくさんさせてあげたい!

 

 

そんな思いから起業して

コンテンツビジネスを始めた。

 

会社員という働き方は

組織に縛られる。

 

自分の時間もないし、
お金の自由もない。

 

その上、今回の僕のように

入院してしまったら、

 

収入が止まってしまうかもしれない。

 

そんな不安定な状況からは

抜け出したかった。

 

=======ここまで=======

 

こんな出来事があって

今のビジネスをしています。

 

少し暗い話になってしまいましたが、

 

僕のこの文章を読んで、

 

人生で悩んでいる会社員の方に

 

勇気を与えられたら

 

とても嬉しいなと思っています。

 

あなたはどうですか?

悔いなく人生を過ごせてますか?

 

 

もしかしたら、僕と同じような経験をされてる方も
いらっしゃるかもしれません。

 

実際に「死」を意識した経験をしないと、
人生に対して向き合えないかもしれません。

 

でも自分の人生と向き合う時間を少しでも、
増やしていけば、本当に変わります。

 

今は急に意識するのは難しいですが、
最初は1日1分でもいいと思います。

 

自分のこれからの人生について、
考える時間をつくるってことが大事です。

 

毎日1分でもコツコツ積み上げていけば、
「あんなこともしたい」
「こんなことに挑戦したい」

 

色々出てくるはずです。

 

悔いのない人生を歩むためには、
とにかく早めに行動することです。

 

あなたならきっと大丈夫です。
応援しています。

 

 

そして今回の記事は

 

実を言うと
病気のことをブログで発信することに

 

 

 

とても抵抗がありました。

 

何度も出さない方がいいんじゃないかと
思ったんです。

 

 

 

でも思い切って発信しようと思ったのは

 

 

もしかしてこの記事を全力で書いたら
誰かの役に立つかもしれないと思ったからです。

 

 

 

それがたった1人だったとしても
それはそれで嬉しいと思たんですね。

 

「明日から少しでも頑張ろう」

「人生悔いのないように本気で取り組んでみよう」

 

そう思ってもらえたら僕は
本当に嬉しいです。

 

 

 

話を戻すと、

 

僕がやってるのは

コンテンツビジネスというもので

いわゆる情報発信ビジネスです。

 

これは自分の知識を高めていき、
コンテンツにして

 

困ってる人に提供して利益をあげるもの。

 

なんか難しそう。。

と思われるかもしれませんが、
難しく考えなくて大丈夫です。

 

 

 

端的に言うと、困っている人に対して、
自分の経験や知識をコンテンツにして、

 

与えていくものです。

 

まさにビジネスの基本なんですね。

 

だから情報発信はじめたら

会社の成績も一気に上がりました!!

 

会社での人間関係がよくなりました!!

 

といった人もたくさんいます。

 

会社員の人が人生を本気で変えたい!!

 

そう思っているならば
コンテンツビジネス一択です。

 

このトーマスの公式メルマガでは

 

僕が実際にどんなビジネスをしているのか?

どうやって収益を上げているのか?

 


その辺を詳しくお話しています。

 

 

それでは最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

 

それでは、また。

 

トーマス

 

 

無料プレゼントがもらえます。(コンテンツビジネス初心者セミナー動画)



ここまで読んでくれたあなたに 特別に無料プレゼントをご用意しました。

メルマガ登録した方限定で

・「コンテンツビジネス基本動画セミナー」

・「僕が初収益までにしたノウハウ動画セミナー」

  この2本を無料でプレゼントしています。

ネットビジネスこれからはじめるぞ!! という方は受け取って下さいね。

→無料プレゼントを受け取りたい方はコチラ

メルマガでは、
・ブログでは伝えれないコンテンツビジネスのこと

・忙しい社会人がネットに自分の分身を作る具体的な方法

・コンテンツビジネス(仕組み化)の大切な考え方

・個人がネットビジネスを始めるのに必要なこと

・家族持ちのパパでも簡単にネットビジネスができる方法


こんなことを発信しています。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  完全無料で学べます。マジで有料級です。。 気軽に登録してみて下さいね。
=================

-コンテンツビジネス

Copyright© 会社員が個人の「源泉」を生かしてビジネスをするためのVLOG〜生きてるだけでコンテンツ〜 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.